FC2ブログ
 

クジンシーのナンパ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

サングラスマジック(1準即、今月18ゲット目)

昨日泊まった女の家でまったりした後アポへ向かう。

相手は先日ブーメランが返ってきた子(スト5)。
一緒に飯食ったけど会話が弾まない。
こいつは可愛いけど一緒に居ても面白くない
案の定個室グダで乙

ムラムラしたので昨日のサングラスに電話。
急遽アポを入れる。

合流するとファッションがかなりエロい。
これは素晴らしい。
しかしサングラスを外すとスト3。
戦闘力3か、ゴミめ…

満喫に放り込んでノーグダで準即。

エロい子だったが正上位だと顔が見えて萎えるのバックでフィニッシュ。

2アポ1準即

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

PageTop

萌え(0準即)

最近全くバンゲしてない。
すべてをブーメランで済ませている。
ブーメランが返ってくる≒アポ確定なのでメンテの時間が省けるのが利点。

返ってきたとき、誰かわからないってのが欠点だが・・・
食いつきあるからブーメランが返ってくるわけで、ごまかしは利く。

ブーメランメールが来たら即効電話。
メールだとデータが活字として残るが電話だと記憶にしか残らないってのが大きい。
記憶なんて所詮曖昧だからね。

で、金曜日の夜、ブーメランが返ってきた。
最初は誰かわからなかったが、話しているうちに思い出した。
先週の週末

クジ「俺、実はツインテール萌えなんだ!!

って言って、ブーメランした物件。
確か結構可愛かったような気がするが・・・

流れで土曜日にこの子と遊ぶことになった。

土曜日は昼くらいに起きて、買い物してたらいつの間にか夕方に、
結局ナンパすることもなくアポに向かうことに。

物件と合流。

え!?

ちょww萌え・・・w

スト5.5

もちろん悪いクジンシーが目を覚ます。

      悪クジ
       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   こいつ彼女にしてしまえばいいお!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /


お腹も減っていたので飯へ

恋愛の話、酒の話、生い立ち、性癖、ガンダム、アニメ、ゲーム。
いろいろ話したが、妙に気が合う。
途中から俺の彼女選考面接みたいだった。


           / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)
          |     (__人__)  
             |     ` ⌒´ノ   特技は?
              |         }
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!

       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( >)  (<)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-/      |   笑顔です
  \     ` ̄'´     /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||



採用!!!


店を出るころにはこの子は俺の彼女になっていた。

悪クジ「おまえさ、話聞く限り俺と付き合ったら絶対幸せになれるよ。
    俺、おまえに惚れちゃったみたい。
    俺の彼女になってよ。

物「うん。うれしい、付き合うのって久々。幸せにしてね

きんもーwww

あぁ、またやってしまった・・・

女っていざ付き合うってなるとめちゃくちゃ甘えてくる。
付き合うって宣言することが、そんなに大きい意味を持つんだろうか?
書類も何も無い口約束なのに…

この日は用事があったので、俺は早く帰らないといけない。
なんで結局この子をゲットしてません。ナンパ師失格です。

女心は秋の空だから結局すぐ放流されるだろうな。

PageTop

憂鬱(1準即、今月1ゲット目)

夏も終わり秋の風を感じる今日この頃、
俺は相変わらずナンパを続けている。
もしナンパをしていなければ今頃は仕事に没頭し
街を歩くカップルを羨望、嫉妬の的とみなしていただろう。

この日はアポだった。
相手の子に関しては詳しくは覚えていない。
ナンパをしていると番号を聞いた子の名前と顔が一致しないことはよくあることであろう。
仕事終え、いつもとは違う電車に乗り待ち合わせの場所へ向かう。
もはや、アポに対して、昔ほどのドキドキ感はない。
ひとつの作業として淡々とこなす。
それもナンパ師ゆえの悩みなのかもしれない。

さてさて、いざその子と合流してみたのだが、
普通な感じの子・・・
まぁ、スト4と言ったところか。
ただし胸は大きい
あぁ、そのおっぱいに包まれた~~~い♪

物「久しぶり

俺「久しぶり。相変わらず巨乳だね

物「ちょw

俺「相変わらずこの街は人が多いね。

物「田舎ものめ!


魔が差したのかいきなりおっぱいの話題を振ってしまった。
しかし俺の天才的なフォローによってうまくごまかせることができたので良しとしよう。

その足で飲食店へ。

お互いおなかが減っていたのか
あまり会話がはずむこともなく淡々と食べる。

俺「おまえのおっぱい食べたいなぁ

物「ちょww

俺「いや、デザートはプリンで大丈夫だろ?

物「意味わからないけど、プリンはおいしいよね


またまた天才的なフォローでごまかした。

そして会計。

俺「金は命より重い!

割り勘


満喫へ。

ノーグダで一安心

一通りの作業を終え、満喫を出る。

残り14ゲット。
果てしなく長い道のり・・・







PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。